m3.com トップ > 臨床ニュース > マクロライドは重大な心リスクか【米国救急医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

マクロライドは重大な心リスクか【米国救急医学会】 心臓突然死および心室頻拍のリスクを増大

米国救急医学会(ACEP)は12月28日、マクロライド系抗生物質の使用により心臓突然死および心室頻拍のリスクが増大するが、全死因死亡には有意差が見られないとする中国の研究を紹介した。研究では、約2100万人のデータを含む33の系統的レビューとメタ解析から、マクロライド系抗生物質と(1)心臓突然死、(2)心室頻拍、(3)心血管死、(4)心筋梗塞、(5)全死因死亡率――との関連性について調査した。その結果、マクロライド系抗生物質の使用群では使用しない群と比べて、心臓突然死、または心室頻拍の発症リスク...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞