m3.com トップ > 臨床ニュース > 加齢黄斑変性予防に5つのヒント【米国眼科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

加齢黄斑変性予防に5つのヒント【米国眼科学会】 AMD関連の失明予防に学会が推奨事項を公表

米国眼科学会(AAO)は1月19日、高齢者に向けて加齢黄斑変性(AMD)発症を防ぐヒントを紹介した。2010年の米国のAMD患者数は約210万人で、2050年までには540万人以上になると予測される。AMDは高齢者の最多の失明原因だが、いまだに白内障や緑内障に比べて知名度が低い。AAOは、「眼検診や生活習慣改善などを通じて眼を大切にすることでAMD関連の失明が予防できる」と強調し、AMDの一般への周知を図るため、発症を予防する5つの具体的なヒントを紹介した。【AMDを防ぐ5つのヒント】眼科の包括...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞