m3.com トップ > 臨床ニュース > せん妄治療、専門医の第一選択薬判明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

せん妄治療、専門医の第一選択薬判明 医療経済研究機構調査、低活動型では半数超が推奨薬剤なし

2016年2月8日 医療経済研究機構  カテゴリ: 一般外科疾患救急その他

せん妄治療の専門医が用いる第一選択薬の実態が、このほど明らかとなった。医療経済研究機構主任研究員の奥村泰之氏が、日本総合病院精神医学会の専門医を対象に行った調査によると、糖尿病と腎機能障害を併存しない内服可能な過活動型せん妄には7割近くが「リスペリドン」か「クエチアピン」を推奨していた。一方、低活動型せん妄に対しては、半数以上が推奨する薬剤がないとの考えていることが分かった。せん妄は身体疾患で惹起される精神や行動の障害で、集中治療室(ICU)では患者の48‐83%がせん妄を発症しており、それに起...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞