m3.com トップ > 臨床ニュース > AUA参加予定の医師に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AUA参加予定の医師に注意喚起 日本泌尿器科学会、渡航歴でビザ免除プログラム除外の可能性も

2016年2月12日 日本泌尿器科学会  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患その他

日本泌尿器科学会はこのほど、2016年5月の米国泌尿器科学会(AUA)など同国で開催される学会への参加を予定する会員医師に対し、渡航歴によってはビザ免除プログラムの適用が受けられない恐れがあるとして注意を呼び掛けている。ヨーロッパでの同時テロを受けたビザ免除プログラム改定などの影響で、2014年にイランで開かれたアジア泌尿器科学会議(ACU)に参加した医師などはビザの取得が必要になるという。米政府は、2015年11月のパリ同時テロ発生を受けて可決した新法に基づく措置として、2016年1月21日か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞