m3.com トップ > 臨床ニュース > 「全部載せラーメン」の残念な結末【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「全部載せラーメン」の残念な結末【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第15週「NEJMケースレポート」-Vol.15.3

2016年2月25日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

57歳男性で重症化した肺炎の原因はブラストマイコーシスだった。時すでに遅しで、治療の甲斐なく男性は死亡。順天堂大学医学部総合診療科の松田直人氏が解説したこの結末から、初期診療の適否にも議論が及ぶ。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.15.1抗菌薬の「全部載せラーメン」に学ぶVol.15.2使った薬が効かない感染症を挙げよVol.15.3「全部載せラーメン」の残念な結末胸腔鏡再検で「より良いサンプル」を採取する今回の症例を提示した順天堂大学医学部総合診療科の松田...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞