m3.com トップ > 臨床ニュース > HFのPAカテ、未だ増加実態判明【米国救急医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

HFのPAカテ、未だ増加実態判明【米国救急医学会】 ガイドラインに矛盾、治療の質と費用に影響

2016年2月25日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患救急

米国救急医学会(ACEP)は2月11日、標準管理に加えて肺動脈(PA)カテーテルによる治療を受けた心不全患者で転帰の改善がなく有害事象も増えることがESCAPE試験で明らかになったにもかかわらず、心不全患者にPCカテーテルを使用する医師が未だに増加している実態を報告した。同調査は、全国入院患者サンプルのうち初期診断で心不全と診断された成人患者約250万人を対象にPAカテーテルの使用に関する現在の傾向について調べた。その結果、PAカテーテルの使用は、2001年には心不全入院患者1000人当たり7....

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞