m3.com トップ > 臨床ニュース > 職場の眼精疲労減らす5のヒント【米国眼科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

職場の眼精疲労減らす5のヒント【米国眼科学会】 眼性披露防ぐための人間工学に基づく助言を学会を提示

2016年3月1日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患眼科疾患その他

米国眼科学会(AAO)は2月17日、職場におけるドライアイや眼精疲労を減らすためのヒントを同学会ホームページで紹介した。3月の『職場の眼の健康月間』に合わせた取り組みの一つで、人間工学に基づく5つの対策を掲載している。仕事で長時間コンピュータを使う機会が増え、スクリーンを長時間見た後の眼精疲労や倦怠感、頭痛、眼の乾燥や充血、異物感などを経験している人が多い。コンピュータ使用時には通常1分間に14回程度あるまばたきが3分の1から半分に減ることで、ドライアイを引き起こすと言われている。眼科専門医は「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞