m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱性けいれんの診療指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱性けいれんの診療指針を公開 Minds、日本小児神経学会のオンライン版を無料で

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本小児神経学会の「熱性けいれん診療ガイドライン2015」をオンラインで無料公開した。1996年に改訂された熱性けいれんの指導ガイドライン以来、新たに作成された指針で、初期対応や治療法についてエビデンスや推奨度を示しながら解説している。熱性けいれんは小児期に見られる最も一般的な神経疾患の1つで、同ガイドラインの利用対象は一般の小児科医や内科医、開業医、救急医などとしている。クリニカルクエスチョン(CQ)形式を採用し、巻頭には、16のCQをまとめた一覧表を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞