m3.com トップ > 臨床ニュース > 災害時小児周産期リエゾンの設置要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

災害時小児周産期リエゾンの設置要望 関連9学会が国に提出

日本新生児成育医学会など周産期関連9学会はこのほど、大災害発生時に小児・周産期医療に特化したコーディネーターとなる「災害時小児周産期リエゾン」の設置を求める要望書を厚生労働省に提出した。「災害時小児周産期リエゾン活動要領(案)」を添付し、災害時の小児・妊産婦支援体制の充実を求めている。提出したのは、日本小児科学会、日本産科婦人科学会、日本小児科医会、日本産婦人科医会、日本周産期・新生児医学会、日本新生児成育医学会、日本小児保健協会、日本小児期外科系関連学会協議会、日本小児救急医学会。東日本大震災...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞