m3.com トップ > 臨床ニュース > 膿疱性乾癬でセクキヌマブ注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膿疱性乾癬でセクキヌマブ注意喚起 日本皮膚科学会、適応追加承認で適正使用再度呼びかけ

2016年3月14日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 皮膚疾患検査に関わる問題

日本皮膚科学会は3月14日、乾癬治療薬「セクキヌマブ」(商品名コセンティクス)の使用に関する留意点を学会ホームページに再掲載し、注意を呼び掛けている。2015年12月に膿疱性乾癬の追加適応が承認されたための措置で、あらためて適切に用法を守るよう呼び掛けている。コセンティクスは、インターロイキン(IL)17Aを標的とした初めての生物学的製剤で、2014年12月に尋常性乾癬と関節症性乾癬の適応で承認された。その際に同学会生物学的製剤安全性検討委員会は使用上の注意を呼び掛ける資料を公表していたが、昨年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞