m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児気管支喘息入院とEVが関連か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児気管支喘息入院とEVが関連か 日本小児アレルギー学会「流行惹起する重要なウイルス」

日本小児アレルギー学会はこのほど、小児気管支喘息とエンテロウイルスD68型(EV-D68)に関する全国調査の結果を、国立感染症研究所の病原微生物検出情報(IASR)で公表した。同学会は最終のデータは集計中としているが、結論では「EV-D68は重症喘息発作の流行を惹起する重要なウイルスであることが示唆された」と指摘している。EV-D68の流行を巡っては、2015年に急性弛緩性麻痺(AFP)との関連について日本小児神経学会が調査を開始し、厚生労働省も積極的疫学調査を行うよう通知を発した。一方、同年9...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞