m3.com トップ > 臨床ニュース > 糖尿病性腎症重症化予防で連携協定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

糖尿病性腎症重症化予防で連携協定 厚労省など、インセンティブで実施後押し

2016年3月25日 厚生労働省  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患

厚生労働省は3月24日、日本医師会、日本糖尿病対策推進会議の3者で、糖尿病性腎症重症化予防にかかる連携協力協定を締結した。糖尿病性腎症の重症化予防に向けたプログラムを国レベルで策定し、全国に広げていく。取り組みを行う自治体には、2018年度から国保を対象に開始する「保険者努力支援制度」を前倒しした金銭的インセンティブを含む後押しを行う内容となっている。糖尿病性腎症から人工透析への移行を防ぐため、レセプトデータや特定健診データから対象者を抽出して個別に保健指導を行う取り組みは、数年前から広島県呉市...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞