m3.com トップ > 臨床ニュース > 生検「後の祭り」を避けるポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

生検「後の祭り」を避けるポイント【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第17週「NEJMケースレポート」-Vol.17.3

2016年4月12日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患血液疾患感染症

57歳HIV感染の男性が痛みを訴えた鼠径部には、CTで多数のリンパ節腫大が確認された。表在性病変ならば「次の一手」は生検となるが、その際に研修医が犯しやすい間違いは何か。順天堂大学医学部総合診療科の鈴木清澄氏が提示した症例を基に、医局員の研修医指導が熱を帯びる。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.17.1患者が語る生活歴に残る疑問Vol.17.2鼠径部に腫大を起こす外傷以外の原因Vol.17.3生検「後の祭り」を避けるポイントリンパ節腫大を来たす感染症今回の症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞