m3.com トップ > 臨床ニュース > 診断に難渋する管腔臓器破裂診断の極意【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

診断に難渋する管腔臓器破裂診断の極意【研修最前線】
第52回日本腹部救急医学会総会(2016) 講演4 「名前はよく聞くけどあまりお目にかからない急性腹症の画像診断」-Vol.3

2016年4月19日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患救急検査に関わる問題

胃切除BillrothII法(B-II)再建後の腹痛患者。腹水は認められるがFreeairもイレウスもない。診断に役立ったのが「水の分布」だった。ときに診断が困難になりうる管腔臓器の破裂や穿孔における画像診断の極意を、山形大学医学部放射線診断科助教の豊口裕樹氏が語る。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「名前はよく聞くけどあまりお目にかからない急性腹症の画像診断」Vol.1初めて見る疾患、これが診断のヒントVol.2造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応はVol.3診断に難渋する管腔臓器破裂...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞