m3.com トップ > 臨床ニュース > 梅毒の急増、流行で学会注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

梅毒の急増、流行で学会注意喚起 日本性感染症学会が感染拡大防止の協力求める

2016年4月5日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 皮膚疾患腎・泌尿器疾患感染症

日本皮膚科学会は4月4日、梅毒の早期診断と治療を呼びかける日本感染症性学会の注意喚起文を学会ホームページに掲載した。日本国内では2010年ごろから男性間の、13年以降は異性間感染による若年女性の感染例が増加しており、15年には患者報告が2692例(暫定値)と10年の621例に比べ急増、若年女性の報告数も同年比で5倍に達している。注意喚起文では「梅毒の症状は多彩であり、病気によって異なることから患者がいろいろな主訴で受診する可能性がある」と指摘しており、医療従事者に適切な診断と早期治療による感染拡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞