m3.com トップ > 臨床ニュース > 青少年の性病検診、救急部で実施推奨【米国救急医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

青少年の性病検診、救急部で実施推奨【米国救急医学会】 PED受診の青少年、無症状でも1割がSTI陽性

2016年4月14日 米国学会短信  カテゴリ: 小児科疾患感染症救急

米国救急医学会(ACEP)は3月31日、小児救急救命病棟(pediatricemergencydepartment:PED)の患児は無症状であっても約1割が性感染症(STI)が陽性だったとする研究を紹介した。研究者は「性感染症の多くは無症候であるため、感染の拡大あるいは長期罹患を防ぐために、迅速な診断と治療が重要だ」と延べ、小児救急での性感染症のスクリーニングを推奨している。同研究はSexuallyTransmittedDiseases誌に掲載。この研究は、都市部の大学病院PEDを受診した14-...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞