m3.com トップ > 臨床ニュース > 外傷入院中の老年医学介入で良転帰【米国救急医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

外傷入院中の老年医学介入で良転帰【米国救急医学会】 院内・30日死亡率が低下

米国救急医学会(ACEP)は3月31日、外傷により入院した高齢患者に対する老年医学専門医の定期回診が各種予後の改善につながったとのBrighamandWomen’sHospitalのOlubodeA.Olufajo氏らによる研究結果を報告した。JournaloftheAmericanCollegeofSurgeons誌オンライン版に掲載。同氏らは、自施設の外傷センターに入院した70歳以上の全患者への老年医学専門医による回診が開始される前の群(215例)と後の群(191)の診療内容と予後を比較。老...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞