m3.com トップ > 臨床ニュース > バイシリンGが出荷調整に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

バイシリンGが出荷調整に MSD「リウマチ熱予防」以外への使用控えるよう求める

日本化学療法学会は4月13日、持続性経口ペニシリン製剤の「ベンジルペニシリンベンザチン水和物顆粒」(商品名:バイシリンG顆粒40万単位)で出荷調整を実施するとした製造販売元のMSDの依頼文を、学会ホームページに掲載した。供給元となる製造工場の切り替えに時間がかかり、2018年まで新たな原薬が入手できない状況という。日本国内で「リウマチ熱の発症予防」に使用できる薬剤は限られることから、同社は他疾患への使用を控えるよう呼び掛けている。MSDによると、バイシリンGの原薬を長年製造していた工場が閉鎖され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞