m3.com トップ > 臨床ニュース > 婦人科外来の診療指針2017案を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

婦人科外来の診療指針2017案を公開 日本産婦人科医会、日産婦学会のコンセンサスミーティング用資料として

2016年4月18日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会はこのほど、4月23日に開催される第68回日本産科婦人科学会学術講演会のコンセンサスミーティング用資料として用意した「診療ガイドライン‐婦人科外来編2017」をホームページに公開した。2014年版から改訂または新規に作成されたクリニカルクエスチョン(CQ)の16項目と、それに対応した回答が示されており、コンセンサスミーティングでの検討を予定しているという。2014年版から新規に盛り込まれたCQは2案ある。このうち、マイクロ波子宮内膜アブレーションを行う際の留意点については、「過多...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞