m3.com トップ > 臨床ニュース > 「HPVワクチンで脳障害」は誤り、厚労省

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「HPVワクチンで脳障害」は誤り、厚労省 一部報道に対し異例の見解示す

2016年4月20日 厚生労働省  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

厚生労働省は4月18日、さきごろ一部メディアで「HPVワクチン接種後脳障害などの発症者の8割に特定の遺伝子多型が見つかる」との報道に対する見解を発表。報道のもととなった信州大学の池田修一氏らの研究班が示したデータからは「特定の遺伝子多型を持つ人に同ワクチンを接種した場合記憶障害を起こす可能性が高い」などと言うことはできないとして、報道内容の正確性に疑問を呈した。厚労省が報道に対してこうした声明を出すのは異例。3月16日に厚労省で行われた研究班の成果報告会では、池田氏らによる「子宮頸がんワクチン接...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞