m3.com トップ > 臨床ニュース > 低身長にアロマターゼ阻害薬追加が有効【米国内分泌学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

低身長にアロマターゼ阻害薬追加が有効【米国内分泌学会】 成長ホルモンとの併用で最も効果

単独治療では十分な効果が得られないこともある低身長に対する成長ホルモン(GH)へのアロマターゼ阻害薬(AI)追加で、各単剤での治療に比べ成長促進が期待できるとの臨床試験の成績が発表された。4月3日、米国内分泌学会(ENDO)年次集会で発表。背景因子をマッチさせた特発性低身長の思春期男児76例(平均14.1歳)を、GH注射のみ(25例)、AI(アナストロゾールまたはレトロゾール)の経口投与のみ(25例)、GHとAI併用(26例)の3群にランダムに割り付けた。試験開始から24カ月時点で、GH+AI群...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞