m3.com トップ > 臨床ニュース > 「比較的徐脈」ヒントの程度【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「比較的徐脈」ヒントの程度【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第19週「NEJMケースレポート」-Vol.19.2

2016年5月12日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患腎・泌尿器疾患

76歳男性の5週間続く発熱は、あらゆる検査を行っても手掛かりが得られていない。比較的徐脈をヒントに感染症を鑑別に挙げてみるが、どこまで決め手となるヒントかについても考慮が必要だ。順天堂大学医学部総合診療科の村井謙治氏が提示した難症例を基に、研修医と医局員が米国の浴槽を巡る公衆衛生事情についても知見を共有する。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.19.15週続く発熱患者「陰性だから」はNGVol.19.2「比較的徐脈」ヒントの程度5週間続く発熱で鑑別に挙げるべき...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞