m3.com トップ > 臨床ニュース > 劇症型A群溶連菌が増えた訳【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

劇症型A群溶連菌が増えた訳【研修最前線】
第90回日本感染症学会総会・学術集会 講演2「劇症型A群溶連菌に対する臨床的アプローチ」-Vol.1

2016年5月13日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患感染症救急

2015年に報告数、死亡数ともに増加したA群溶連菌による劇症型感染症。致死率が高いだけに有効な治療法が求められるが、未だに対処法は確立していないのが現状だ。臨床現場でどのような対処ができるのか。米国で劇症型A群溶連菌感染症症例の治療を経験した東京ベイ・浦安市川医療センター/聖マリアンナ医科大学救命センター臨床教授の藤谷茂樹氏が、日本の現状と自験例について語る。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「劇症型A群溶連菌に対する臨床的アプローチ」Vol.1劇症型A群溶連菌が増えた訳TSSはソースコント...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞