m3.com トップ > 臨床ニュース > 眼内金属ドレーンMRI適合で周知依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

眼内金属ドレーンMRI適合で周知依頼 日本眼科学会が厚労省の依頼文をホームページに掲載

2016年5月12日 日本眼科学会  カテゴリ: 眼科疾患検査に関わる問題その他

日本眼科学会はこのほど、金属製の眼内ドレーンがMRIへの適合性を含めて承認されたことを受け、厚生労働省がまとめた適正検査の周知依頼を学会ホームページに掲載した。該当製品はGlaukosCorporation社の「iStentトラベキュラーマイクロバイパスステントシステム」で、静磁場が3テスラ以下など一定条件を満たせばMRI検査が受けられることから、同製品の仕組みやMRIが施行可能な条件への理解を深めるよう呼び掛けている。ヘパリン使用眼内ドレーンの同製品は、緑内障治療で房水の適切な排出を促し、眼圧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞