m3.com トップ > 臨床ニュース > オランザピンにDRESSの警鐘追加、FDA

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オランザピンにDRESSの警鐘追加、FDA 致死性の重症薬疹に注意喚起

米食品医薬品局(FDA)は5月10日、抗精神病薬「オランザピン」(商品名:ジプレキサ他)に、薬剤性過敏症症候群(DRESS、あるいはDIHS)の副作用が起こり得るとして安全性情報を発出した。重症薬疹として知られる病態で、FDAでは全てのオランザピン含有製剤の添付文書に警告欄を追記するよう求めている。FDAの有害事象報告システム(FAERS)データベースによると、オランザピンが承認された1996年以降、同薬によるDRESSは世界で23件報告されている。死亡1例も含まれるが、この患者は他に複数の別の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞