m3.com トップ > 臨床ニュース > 卵巣腫瘍が起こす脳炎、分からない理由【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

卵巣腫瘍が起こす脳炎、分からない理由【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第20週「NEJMケースレポート」-Vol.20.3

2016年5月26日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患脳神経外科疾患救急

26歳女性の頭痛と意識変容の原因は、卵巣にできた腫瘍による抗NMDA受容体抗体脳炎だった。順天堂大学医学部総合診療科の鈴木彰人氏が提示した症例を元に、若い女性に見られる傍腫瘍性の辺縁系脳炎について、研修医が学ぶ。同科NEJMケースレポートシリーズ最終回。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.20.1転送3回、26歳女性の診断つかない頭痛Vol.20.2薬が効かない髄膜炎、どう対応Vol.20.3卵巣膿瘍が起こす脳炎、分からない理由頭のことばかり考えていると分から...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞