m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児ピロリ除菌の注意点を解説【119JPS】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児ピロリ除菌の注意点を解説【119JPS】 信州大の加藤氏、高い薬剤感受性などに留意を

加藤沢子氏中高生を対象とした小児ピロリ菌(Hp)検診を公費負担で行う自治体の増加に伴い、除菌治療を受ける小児も増えてきている。信州大学小児医学教室の加藤沢子氏は、札幌市で開かれた第119回日本小児科学会学術集会(119JPS、5月13-15日)のシンポジウムで、小児のHp除菌治療に関する注意点を解説した。小児の抗菌薬耐性率は成人より高いことを考慮するほか、メリットとデメリットに関する十分なインフォームドコンセント(IC)を、治療を受ける本人と保護者に行った上で、同意を得る必要があると注意を喚起し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞