m3.com トップ > 臨床ニュース > 学校感染症とプールの見解と解説公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

学校感染症とプールの見解と解説公表 日本皮膚科学会、夏を前に情報提供

2016年6月2日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 小児科疾患皮膚疾患感染症

日本皮膚科学会はこのほど、皮膚の学校感染症とプールについて日本臨床皮膚科学会、日本小児皮膚科学会がまとめた統一見解に加えた解説を学会ホームページに掲載した。2015年に作成されたもので、伝染性膿痂疹(とびひ)と伝染性軟属腫(水いぼ)、アタマジラミ、疥癬の感染対策とその根拠について詳しく説明しており、プールのシーズンを前に注意を呼び掛けている。統一見解がまとめられた4つの感染症は、学校保健安全法の第三種(その他の感染症)に指定されている。統一見解では、とびひについて治るまでプールや水泳の禁止を求め...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞