m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱中症即日登録調査2016で協力依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱中症即日登録調査2016で協力依頼 日本救急医学会、外国人旅行者や身体障害者の対象を追加

2016年6月8日 日本救急医学会  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

日本救急医学会の熱中症に関する委員会は7月1日、「熱中症即日登録調査2016」をスタートさせる。入院症例の変化などをできるだけ早く把握することで、関係機関への注意喚起を早期に行うことを目的に毎年実施している調査だが、今年は外国人旅行者と身体障害者については「入院例だけでなく受診後に外来帰宅した症例も含めてほしい」旨を追加している。同委員会では、全国の救命救急センターや同学会指導医指定施設、大学病院救急部(科)に協力を呼び掛けている。熱中症即日登録調査は、熱中症による入院患者数などの把握、分析を目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞