m3.com トップ > 臨床ニュース > 精神保健医療福祉の検討会に緊急要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

精神保健医療福祉の検討会に緊急要望 日本精神神経学会、医療保護入院決定における家族等同意の廃止求める

2016年6月13日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患その他

日本精神神経学会はこのほど、厚生労働省の「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」に対し、緊急要望を行った。精神保健福祉法の次期改正と今後の精神医療のあり方について行われていく議論の中で、医療保護入院における家族等同意の廃止を検討するよう強く求めている。2013年に行われた精神保健福祉法の改正では、日本精神神経学会が訴えてきた保護者制度の廃止が実現した。ところが、同学会は医療保護入院決定における家族等同意が残されたため、「あたかも家族の同意によって強制力の発動が可能であるかのような曖昧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞