m3.com トップ > 臨床ニュース > 「非専門医のBPSD抗精神病薬治療、特に慎重に」【JSPN112】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「非専門医のBPSD抗精神病薬治療、特に慎重に」【JSPN112】 高齢者薬物療法GL作成委員の水上勝義氏

2015年12月に10年ぶりに改訂された日本老年医学会の「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」。千葉県で開催の第112回日本精神神経学会学術集会(JSPN112、2016年6月2-4日)シンポジウムで、同GL作成にかかわった筑波大学大学院人間総合科学研究科の水上勝義氏が登壇。同GLの改訂作業を通して「かかりつけ医や精神科以外の医師がいかにBPSDに対応しているのか、認知症を専門としない医師がいかに多くの抗精神病薬をBPSDに使用しているのかが浮き彫りになった」と分析。認知症を専門としないかかりつ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞