m3.com トップ > 臨床ニュース > SGLT2i2成分、急性腎障害の警告強化

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

SGLT2i2成分、急性腎障害の警告強化 FDAがカナグリフロジン、ダパグリフロジンの副作用報告集積で

米食品医薬品局(FDA)は6月14日、2型糖尿病に対するSGLT2阻害薬「カナグリフロジン」(米国での商品名:Invokana、Invokamet)と「ダパグリフロジン」(Farxiga、XigduoXR)の急性腎障害に関する安全性情報を発出。添付文書に急性腎障害に関する警告を含めるよう指示を出した。今回の安全性情報の根拠となったのは2種の製剤に関する副作用報告の集積。2015年10月までに両薬剤使用患者で急性腎障害と確定可能な症例が101例となり、一部は入院や透析治療を必要とした。うち死亡の転...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞