m3.com トップ > 臨床ニュース > 無自覚性低血糖と運転、どう考える?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

無自覚性低血糖と運転、どう考える?【研修最前線】
第59回 日本糖尿病学会年次集会(2016) 講演2 「低血糖の病態と対策」-Vol.4

2016年6月28日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患救急

心イベントリスクの増加や高齢者における認知機能の低下などとの関連が指摘される低血糖。無自覚性低血糖では運転免許証の取得・更新など、どう考えるべきか頭を悩ませる医師も少なくない。倉敷中央病院糖尿病内科の松岡孝氏が、自身の経験も交え、低血糖に関連する問題について話す。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「低血糖の病態と対策」Vol.1SU剤、高齢者ではこう使うVol.2無自覚性低血糖が繰り返される訳Vol.3低血糖の処置後、即帰宅はNGの訳Vol.4無自覚性低血糖と運転、どう考える?低血糖により心...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞