m3.com トップ > 臨床ニュース > 救急科専門医育成で代表理事コメント

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

救急科専門医育成で代表理事コメント 日本救急医学会が研修医や会員、一般向けに理解求める

2016年6月27日 日本救急医学会  カテゴリ: 救急その他

日本救急医学会は6月23日、救急科専門医育成の取り組みについて代表理事を務める行岡哲男氏名のメッセージを発した。新専門医制度の先行き不透明さがクローズアップされる中、救急科専門医の役割を広く社会に発信する必要があるとして、研修医らや学会員、一般向けに新専門医制度の議論の現状や救急科専門医に与える影響などを解説している。研修医などに向けた「救急科専門医をめざす方へ」と題したメッセージでは、新専門医制度の先行きが不透明としながらも、2017年4月からは同学会が中心となって策定した研修プログラムを基本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞