m3.com トップ > 臨床ニュース > HBV-DNA量の単位表記法を統一へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HBV-DNA量の単位表記法を統一へ 日本肝臓学会、TaqMan法とAccuGene法の換算を提示

日本肝臓学会は、HBV-DNA量の単位表記を測定キットのメーカーが試薬などを更新した後は、「LogIU/mL」に一本化するよう各社に依頼したと発表した。これまではTaqMan法とAccuGene法それぞれの係数によって「copies/mL」で単位表示されていたが、Log表記のIU/mLが用いられるようになる。学会では測定法ごとの換算表を示している。HBV-DNA量の測定にはTaqMan法とAccuGene法のキットが用いられており、いずれも国際的に認可されたIU/mL単位の数値を各係数によって変...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞