m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児リウマチ、実数調査に協力呼び掛け

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児リウマチ、実数調査に協力呼び掛け 診断基準や診療指ガイドライン策定に向けた研究

日本リウマチ学会小児リウマチ調査検討小委員会は7月8日、成人期移行例を含む小児リウマチ性疾患の患者の実数を把握するアンケートをホームページ上で開始した。小児リウマチ性疾患の診断基準および重症度分類の標準化と、診療ガイドラインの策定に向けた研究としており、8月20日までの回答を呼び掛けている。報告対象となるのは、2016年4月1日時点で同学会専門医所属施設にて診療している小児リウマチ性疾患患者。16歳未満で発症したリウマチ性疾患患者で、成人期に移行した症例を含む。質問は、若年性特発性関節炎(JIA...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞