m3.com トップ > 臨床ニュース > BMI27.5からDM「手術」を考慮、日本への影響―笠間和典・四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センター長に聞く◆Vol.2

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

BMI27.5からDM「手術」を考慮、日本への影響―笠間和典・四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センター長に聞く◆Vol.2 「患者全体の10%以上」にのぼる可能性も

日本では肥満者の割合が欧米に比べ少なく、2型糖尿病の一般的な患者像も「高齢者、やせ型」と考えられている。第2回糖尿病外科サミット(DiabetesSurgerySummit;DSS-II)で採択された、2型糖尿病の治療選択肢にメタボリック手術(metabolicsurgery)を取り入れるよう求めた国際声明には、日本糖尿病学会も批准団体として名を連ねている。実際の日本の糖尿病診療にはどのようなインパクトがあるのか。四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センター長の笠間和典氏に聞いた。全3回。(聞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞