m3.com トップ > 臨床ニュース > オプジーボ、ヤーボイの個人輸入に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オプジーボ、ヤーボイの個人輸入に警鐘 日本臨床腫瘍学会が声明、副作用出現で適切に対処できない事例も

2016年7月14日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患投薬に関わる問題

日本臨床腫瘍学会は7月13日、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ(一般名ニボルマブ)とヤーボイ(同イピリムマブ)について、国内の承認要件とは異なる条件で個人輸入や投与が行われているとして患者向けに注意喚起を行った。オプジーボ、ヤーボイの国内における効能・効果はそれぞれ「根治切除不能な悪性黒色腫、切除不能な進行・再発の非小細肺がん」と「根治切除不能な根治切除不能な悪性黒色腫」。これらの薬剤の使用条件である「緊急時に十分対応できる医療機関において、癌化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで投与...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞