m3.com トップ > 臨床ニュース > 肝疾患サルコペニア判定基準を作成

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肝疾患サルコペニア判定基準を作成 日本肝臓学会、「65歳以上」「歩行速度測定」除外など独自の基準示す

2016年7月19日 日本肝臓学会  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患その他

日本肝臓学会は7月、公式サイトで肝疾患に特化したサルコペニア判定基準の第1版を公開した。肝疾患で見られる二次性サルコペニアの特徴を踏まえ、国内外の一次性サルコペニア診断基準に含まれる年齢制限(65歳以上)を撤廃、臨床現場での使用を簡便にするため歩行速度が除外された。また、筋量の測定には通常のサルコペニア判定に使用される二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)ではなく、肝疾患の日常臨床で使用されるCTを用いた判定基準が盛り込まれている。日本肝臓学会理事長の小池和彦氏と同学会サルコペニア判定基準作成ワ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞