m3.com トップ > 臨床ニュース > 潰瘍性大腸炎P3でゴリムマブ達成

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

潰瘍性大腸炎P3でゴリムマブ達成

2016年7月27日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

ヤンセンファーマ株式会社は7月22日、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「ゴリムマブ(遺伝子組み換え)」について、日本人潰瘍性大腸炎患者を対象とした国内第3相臨床試験(PURSUIT-J)を行い、主要評価項目を達成したと発表した。この結果は、7月7~9日に京都で行われた第4回AsianOrganizationforCrohn’s&Colitisで発表された。潰瘍性大腸炎は、炎症性腸疾患のひとつで、大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができ、下血を伴う下痢や腹痛が特徴的な症状として知ら...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞