m3.com トップ > 臨床ニュース > ベゲタミン販売中止で注意点まとめる

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ベゲタミン販売中止で注意点まとめる 日本精神神経学会薬事委員会が漸減・中止・切替の参考情報

日本精神神経学会薬事委員会はこのほど、年内に供給停止が決まった催眠鎮静薬ベゲタミン-A・B配合錠について「漸減・中止・切り替え方法および注意点」を医療従事者向け情報として会員限定サイトで発表した。同配合錠はクロルプロマジン塩酸塩、プロメタジン塩酸塩、フェノバルビタールの3成分を含み、1957年の発売以来、精神科疾患を対象とした催眠・鎮静剤として広く使用されてきた。同学会によると、同配合錠に関して乱用などの問題が指摘されている他、不眠治療関連ガイドラインにおいてフェノバルビタールを含む薬剤の使用は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞