m3.com トップ > 臨床ニュース > 専門医が考えるECMOの諸問題【米国救急医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

専門医が考えるECMOの諸問題【米国救急医学会】 質の高いエビデンスの不足や医療資源への影響などに言及

2016年8月12日 米国学会短信  カテゴリ: 呼吸器疾患循環器疾患救急

米国救急医学会(ACEP)は7月19日付公式ニュースで、救急部門(ED)における体外式膜型人工肺(extracorporealmembraneoxygenation:ECMO)の適応と倫理的課題に関する専門医らのエッセイを紹介した。ECMOは、40年以上にわたり可逆的と考えられる呼吸不全や心不全患者に対し使用されてきた。もともとは新生児の胎便吸引への使用に始まり、徐々に成人患者へと適応が拡大されてきた。筆頭著者のNathanG.Allen氏(BaylorCollegeofMedicine)は救急...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞