m3.com トップ > 臨床ニュース > ω3がMI後心リモデリング抑制示す【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

ω3がMI後心リモデリング抑制示す【米国心臓学会】 プラセボ対照RCT“OMEGA-REMODEL”の成績

心筋梗塞(MI)発症1カ月以内の患者360例を対象としたプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)OMEGA-REMODELの成績が明らかになった。高用量オメガ3脂肪酸(ω3)により、MI後の心機能の改善と心筋の線維化軽減など心リモデリングに役立つ可能性が示された。米国心臓学会(AHA)が8月1日、Circulation誌の掲載論文を紹介した。同学会によると、MI後の心リモデリングに対する治療や予防に関する確立された治療法はこれまでほとんどない。先行究では、魚油に含まれるω3がMI患者の生存率改善...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞