m3.com トップ > 臨床ニュース > うつ病・大うつ病性障害の治療指針公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

うつ病・大うつ病性障害の治療指針公開 日本うつ病学会がホームページに無料で

2016年8月19日 日本うつ病学会  カテゴリ: 精神科疾患その他

日本うつ病学会はこのほど、日本うつ病学会治療ガイドラインの「II.うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害2016」を学会ホームページで無料公開した。3年ぶりの改訂版で、課題として積み残していた児童思春期のうつ病や、症状としての睡眠障害に関する適切な対応などの記述を新たに加えている。ガイドラインの利用対象は、臨床経験のある精神科医としている。「うつ病治療計画の策定」「軽症うつ病」「中等症・重症うつ病~精神病性の特徴を伴わないもの~」「精神病性うつ病」「児童思春期のうつ病」「うつ病患者の睡眠障害とその...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

その他

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞