m3.com トップ > 臨床ニュース > G-CSF製剤などの注目リスクを公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

G-CSF製剤などの注目リスクを公表 医薬品医療機器総合機構、適切使用を呼び掛け

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は8月19日、添付文書の改訂などにつながり得るとして注目する医薬品の評価中リスク情報を公表した。造血薬の顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤4成分や慢性特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬、多発性硬化症(MS)治療薬、視床下部・下垂体・副腎皮質系ホルモン分泌機能検査薬、非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬でショックやアナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症などが報告されている。PMDAでは、評価中の情報を元に患者が自己判断で服薬を中止したり、用量を減らしたりし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞