m3.com トップ > 臨床ニュース > 敗血症新GL「推奨なし」もある理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

敗血症新GL「推奨なし」もある理由 手順と透明性にこだわり、意見募集第一弾は13日まで

2016年9月1日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

日本救急医学会と日本集中治療医学会による『敗血症診療ガイドライン2016』が草案公開の段階に入っている。目玉は、欧米で先に公開されたSepsis-3を盛り込んだ新定義と診断基準の解説、そして新設した小児、集中治療後症候群(PICS)、ICU関連筋力低下(ICU-AW)などの項目だ。ガイドライン(GL)でありながら、「推奨なし」と結論したクリニカルクエスチョン(CQ)もある。GL作成特別委員会委員長の西田修氏(藤田保健衛生大学麻酔・侵襲制御医学講座主任教授)は「ぜひ多くの人に草案を読んでもらい、パ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞