m3.com トップ > 臨床ニュース > 学会「手術室外ではスクラブ着ない」【米国外科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

学会「手術室外ではスクラブ着ない」【米国外科学会】 米国外科学会が手術スタッフの服装に関する声明

2016年9月5日 米国学会短信  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患救急

米国外科学会(ACS)が8月4日、手術室での服装に関する声明を発表した。多くの患者に遭遇する手術室の外では、スクラブではなく清潔かつ医師にふさわしい服装を心がけるよう求めている。適切な服装は職業意識の現れであり、患者との信頼関係構築にもつながると同学会。また、服装を清潔かつ適切に保つことは医療関連感染の減少にも役立つ可能性があると指摘している。同学会による手術関係者の服装に関する勧告は次の通り。汚れたスクラブや手術帽は手術後可能な限り速やかに、患者家族と話をするまでには確実に交換する汚染などのあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞