m3.com トップ > 臨床ニュース > エドキサバン、血栓症抑制で有効性

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エドキサバン、血栓症抑制で有効性

2016年9月2日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

第一三共株式会社は8月30日、電気的除細動を受ける予定の非弁膜症性心房細動患者2,199人を対象としたENSURE-AF試験の結果を発表した。ENSURE-AF試験は、北米および欧州にて、電気的除細動を施行予定の非弁膜症性心房細動患者を対象に、適切に管理されたエノキサパリン/ワルファリンとの比較を通じて、「エドキサバン」(製品名:リクシアナ(R)錠60mgまたは用量調整時30mg)の有効性と安全性を評価するために239施設で実施されたもの。その結果、1日1回経口投与されるエドキサバンが、脳卒中等...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞