m3.com トップ > 臨床ニュース > 30-50歳CHD女性でストレス性心筋虚血多【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

30-50歳CHD女性でストレス性心筋虚血多【米国心臓学会】 年齢上がると性差は消失

34-79歳の冠動脈疾患(CHD)患者を対象とした観察研究から、30-50歳と比較的若い女性は男性やより高齢の女性に比べストレス性の心筋虚血を起こしやすいとの結果が報告された。米国心臓学会(AHA)が8月24日、JournaloftheAmericanHeartAssociation誌の掲載論文を紹介した。この研究は、34-79歳のCHD患者686例が参加したMentalStressIschemiaMechanismsPrognosisstudy。全患者に占める女性の数は191例。精神的ストレス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞