m3.com トップ > 臨床ニュース > 学会「2-18歳の添加糖分25g/日未満」【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

学会「2-18歳の添加糖分25g/日未満」【米国心臓学会】 2歳未満は摂取ゼロを勧告

米国心臓学会(AHA)は2-18歳小児の1日当たりの添加糖摂取量を1日ティースプーン6杯(熱量100カロリー、質量25gと同等)未満にするべきとの新たな勧告を示した。2歳未満の小児に対しては食事への添加糖分を含まないよう勧告している。8月22日付AHAリリース。これらの勧告はCirculation誌に科学的声明として掲載された。添加糖分とは砂糖、果糖、はちみつなど飲料や食品を摂取する際に加えたり、単独で摂取するあらゆる糖類を指す。同学会によると、小児期に添加糖分を多く含む食品を摂取した場合、小児...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞